RSS2.0
 緊急事態宣言が出されている状況での学校生活になっています。タブレットの音声入力ソフトを活用したり、マスクとフェースシールドを併用したり、活動の内容そして方法を検討しコロナ禍に対する対策のレベルを上げて生活、そして学習に取り組んでいます。
 秋の落ち葉が校庭にもたくさん落ちてきています。全校生で美化活動に取り組みました。縦割り班で、分担場所に分かれて活動し、それぞれの場所がとてもきれいになりました。
 持久走大会当日でした。体育・環境委員会が、ラジオ体操だけでなく開会式や閉会式でも開式の言葉や児童代表の言葉などで活躍しました。練習の成果を生かして、みんな最後までしっかりと走ることができていました。
 那須町では、学校に対して保護者、地域住民の参画及び支援・協力を進めるため、学校運営協議会(コミュニティ・スクール)を推進しています。本校でも昨年度から始まり、2年目を迎えました。過日、第4回学校運営協議会が開催され、初めての試みとして児童代表から学校生活についての発表がありました。原稿を読むことなく、映像も使って立派な発表ができ、委員の方からお褒めの言葉をいただきました。 学校運営協議会では、学校がよりよくなるよう様々な御意見をいただくことができ、大変ありがたい場となっています。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 換気、密を避けて、マスク着用などの対策を行いながら、演劇鑑賞教室が実施されました。 今日の東陽小学校の体育館は劇場となり、劇団風の子北海道によって「マーレンと雨姫」が上演されました。 見終わった後子どもたちから、「楽しかったあ!」「時間が短く感じた。」「色々な楽器がすごくて、パイプの大きな楽器も面白かった。」などの感想が聞かれました。 芸術の一つの形に直接触れて、今後の子どもたちの感性に、そして様々な表現活動に新たな可能性が生まれたことと思います。
 1年生、2年生は、具体的な活動や体験を通して身近な生活や自然に関わって学んでいく「生活科」の授業を行っています。 単元「うごくうごくわたしのおもちゃ」として、2年生が6つのグループに分かれ、それぞれアイディアを生かしながら動くおもちゃを作成して、1年生を招待しました。 2年生はやり方を教えてあげ、途中壊れてしまったら修理もして、1年生は嬉しそうに遊んでスタンプをもらったり賞品の折り紙ももらったり。2年生も1年生も、とても楽しそうに活動できました。 今の2年生も、1年前に今の3年生に招待されて、そして今の1年生が来年2年生になって次の1年生を招待してあげて。生活科の豊かな楽しい学びが続いていきます。
  「コロナに負けない!那須和牛で元気アップ給食」として、町内小中学校の給食に那須和牛を使った地産地消メニューが提供されました。 本校の実施は今日でした。 メニューは、ごはん、ビビンバ、五目スープ、牛乳、ヨーグルトです。 とてもおいしく、みんなでいただきました。美味しい物を食べると幸せになりますね。
 御参加いただけたPTAの皆様、そして環境応援隊の皆様、8/22(土)は本当にありがとうございました。当日は部活動の大会があったため、出発前の時間に作業いただいた保護者の方もいらっしゃいました。本校の環境は、皆様の大きなお力があって維持することができています。いつもありがとうございます。
 特別な年の夏休みが終わりました。保護者の皆様、様々に御協力いただき、ありがとうございました。 元気な子どもたちの笑顔が、東陽小学校に帰ってきました。新型コロナウイルスへの対応を続けながら、そして熱中症にも気をつけながら、毎日の学校生活を充実させていきます。 本校のプールも水温が上がりましたので、いよいよ利用が始まりました。
 いよいよ明日から夏休みです。 代表委員の児童が進行を担当し、夏休みを迎える集会が始まりました。 まず、あいさつ、自主学習、おそうじの各MVP、そして第1回校内計算大会の表彰がありました。受賞した皆さん、おめでとうございます。 そして校長から、受賞者のみならず全校生が、6/1の学校再開後、あいさつに、おそうじに、学習に、様々な活動に、そして日々の生活に、しっかりと取り組めて素晴らしかったことを話しました。しかも、新型コロナウイルスへの対応をしながらです。 学習及び児童指導の両主任からの夏休みについての話のあと、夏休み明けになりますがそれぞれ大会に臨む野球部、ソフトボール部の皆さんに、全校生から「がんばってください」の言葉がかけられました。 終了後、6年生がさっと窓閉めなどの活動に取り組む様子を、来年最高学年となる5年生の児童が感謝の心をもって見つめていました。またこうして、心のバトンがつながっていくことと思います。 全校生のみなさん、8月17日にまた元気に会いましょう。 保護者の皆様、そして地域の皆様、特別な年である今年4月からの本校の活動に、御協力、御支援をいただき、本当にありが...
 分散型ではありますが、やっと保護者の方に学校に来ていただけました。多くの保護者の皆様、御来校いただき、どうもありがとうございました。 7日の金曜日まで登校し、短くはなってしまいますが土曜日から夏休みとなります。どうぞよろしくお願いいたします。
 今朝のまだ最初のチャイムがなる前の時間、1年生の廊下を通りかかると担任は廊下で女子に話しかけられていました。前のドアからふと中を見てみると男子2名が箒とちりとりで掃除をしていました。チョークの折れたかけらがあったので取っていたそうです。誰に頼まれるでなく、自分たちの気付きで。 日頃、昇降口などを高学年の児童が掃除している姿を見かけているとはいえ、その二人の素晴らしい姿に、また感動してしまいました。 こうして、連なって子どもたちの心が育っていくのですね。 写真は、生活科で育てているあさがおの花が咲いて、喜びながら水をやっている様子です。
 1年生教室です。机の上にタブレットがあります。ICT支援員さんの指導を受けながら、国語のひらがなの学習を、eラーニングで行っています。 すごいですね。
 年度当初の臨時休業のため実施できていなかった2年生と1年生の生活科の学校探検が、先日ついに実施されました。2年生が下調べをして、かわいい1年生を案内しながら校内を巡ります。活動の様子をタブレットで撮影しながら、その場所のことを2年生がしっかりと説明してあげていました。 来年は、今の1年生が2年生になって、今年のことをきっと思い出しながら、次の1年生に色々と教えてあげることになりますね。
 新型コロナウイルス対応の関係で、本校の教育活動の大きな柱である地域の皆様とのつながりを重視した教育活動が、残念ながら依然制限されている状況が続いています。 6年生の総合的な学習の時間の話し合いで「お世話になっている地域の方に元気を届けるため、私たちの夢や目標を届けたい」と、七夕飾りの作成が計画されました。そして、全校生にも協力を呼びかけ、道の駅東山道伊王野、伊王野公民館、芦野公民館へ飾りを届けることになりました。その様子が下野新聞の取材を受け、7/4(土)下野新聞の3面の談話室に記事が掲載されました。 今後も厳しい状況ではありますが、地域の皆様とのつながりを大切にして、教育活動を進めてまいります。
 図書室の環境整備や読み聞かせ等で大変お世話になっています、ビブロス(読書応援隊)の皆さんが図書室の廊下に七夕飾りを作ってくださいました。密を避けなければならない現状のため、子供たちが一緒に活動できなかったことはとても残念ですが、この後、図書委員会を中心に子供たちの願いが飾られていきます。ビブロスの皆様、どうもありがとうございました。
 土曜日の早朝、環境応援隊の皆様が集まってくださり、広範囲の草刈りや児童のみどり活動のための花壇の耕し等を行ってくださいました。 本当にあっという間に、学校の環境が素晴らしく整っていきました。どうもありがとうございました。お陰様で、この月曜日から子どもたち、そして職員一同も気持ちよく学校生活を送ることができています。
 3年生の道徳です。  「フローレンス・ナイチンゲール物語」で、相手の立場に立った親切について、それぞれの考えを深めていました。  廊下には、臨時休業中の課題の工作が展示されていました。
 1年生の子どもたち、ひらがなの練習が進んで、単語を上手に読んだり、「くっつきのを」入れて文の形で書いたり、国語の勉強も進んできました。  ていねいに書けていますね。  そして、授業の終わりは、当番さんの「立腰。」のかけ声で姿勢をとてもよくして、終わりのあいさつです。
 先日の5年生の国語の授業風景です。  授業の最初から、子どもたちの机上にタブレットが一人1台置いてあります。インタビューを実践して様々に学ぶ単元ですが、ただ実践するだけでなく、タブレットで映像を撮って活用しての学びです。  私の子どもの頃、といいますか、私が担任をしていた頃からでも、考えられないような授業内容ですね。  臨時休業中も、東陽小学校では6年生だけでなく、5年生、4年生でもZOOMを活用しての取組に挑戦しました。保護者の皆様にもご協力いただきありがとうございました。  新しい時代の教育、東陽小学校でも、無理のない形を考えながら進めていきたいと思います。
 昨日、5年生が今日のために「じしんがきたらだんごむし!」の写真を撮ってくれました。  1年生がよく見ています。幼稚園や保育園でも同じように訓練したことを話してくれました。  まず、地震想定の訓練を実施。  その後、火災発生の想定で避難しました。  本日は雨天だったため、校庭への避難の仕方を確認した後、体育館へ避難してまとめの話。全校生がまっすぐに話す人の方を見て、真剣に話が聞けています。  
 給食当番の際のエプロン、三角巾につきまして、ご協力をどうもありがとうございました。お陰様で白衣の共同使用や密接した状態の白衣保管を避けることができました。また、体育時及び登下校時の服装につきましてもご協力をどうもありがとうございます。着替え時の3密を避けることができています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 ここ数日、暑い日が続き、強い日差しが東陽小の広い校庭に注いでいます。  昼休みなど、暑さに負けず、密を避けながらも子どもたちは外で遊んでいますが、とても広い校庭に日陰がほとんどないため、昨日、もう使用しないサッカーゴールを活用して、簡易に日陰を作りました。しばらくは密に気をつけながらですが、少し日陰で休んで、また遊びに戻っていけるように。  手前で遊んでいるのは、「あけにそめ」という石蹴り遊びです。
 今朝登校して、教室に上がる前、5年生、4年生が児童用昇降口に砂があることに気がついて、さっと箒で掃除をしていました。  先日も、下校時、昇降口に土があることに気づいて、バスに乗る前の少しの時間、6年生を中心に5、6人でしょうか。短時間で昇降口をきれいにしてからバスに乗り込んでいきました。  自分たちの気づきで、皆が暮らす空間を美しくすることができる。素晴らしい子どもたちですね。
今日から教育相談が始まりました。 そして、学校が再開して3週目に入ります。鬼ごっこを我慢していますので、外での遊びの幅は減ってしまっています。 そこで、前からあるヘビおにを「ヘビジャンケンアドベンチャー」と大胆な呼び方にして、 隙間は「川が流れているから飛び越えて」、右上の点線部は「けんけんゾーン」、そしてぐるぐる道なども。相手に近づくと互いに両手を「ストップ」と上げて、二人の手の間が1m空くようにしてジャンケンするルールに。 4年生、2年生、1年生の数名で試しに遊んでみました。 密を避けながら、暑さもあって汗をかきながら楽しい時間が過ぎていました。    
 6/1の臨時休業明け集会で聞いたことをよく守り、子どもたちが業間休みや昼休み、校庭で元気な声を響かせています。  サッカーやドッジボールではぶつからないように気をつけて、遊んだ後は石けんで手を洗っています。    
 保護者の皆様、そして地域の皆様、長く続いた臨時休業期間中、様々に御協力いただきまして誠にありがとうございました。  6月1日の月曜日、通常の日課で、東陽小学校に全ての子どもたちが戻ってくることができました。  本校では、1校時に臨時休業明け集会を、広い体育館に広がる形で実施しました。校長、養護教諭、児童指導主任から、気をつけるべき内容を伝えました。密接を避ける工夫をした上でどのように子どもたちが遊べばいいか、6年生が実演して分かりやすく表現してくれる場面もありました。  今後とも、様々な形で対応しながら、日々の教育活動の充実を図っていきます。